おすすめの銀行カードローンはこちら

銀行カードローンでお金を借りる流れ

銀行からカードローンを利用してお金を借りるまでの流れとしては、初めにどれくらいお金を借りるか検討することから始めます。

そして、借り入れをする銀行を選定しましょう。
銀行によって金利が多少変わってくるので、色々な銀行を比較検討してください。

借入する銀行を決めたら、実際に銀行にカードローンを申し込みます。

申し込みの方法は電話や店頭、個人契約機など様々な方法がありますが、
最近では誰にも知られる心配がないインターネットでの借り入れが主流です。

申し込みの際には氏名や住所、そして勤務している会社の名前や勤続年数、年収などの個人情報を入力、または記入します。

加えて、契約には運転免許証や保険証などの本人確認ができる書類の提出が必要なので、あわせて提出しましょう。
なお、50万円以上の借り入れをする場合には、源泉徴収票や収入証明書など所得の証明ができる書類の提出が必要です。

銀行によっては50万円以下の借り入れであっても、所得証明できる書類の提出が必要なこともあります。

全ての書類がそろえば、銀行は審査を行います。
審査をおこなってから結果が出るまでの期間は銀行によって違います。

審査完了までの時間を比較するのも、カードローンを借りる銀行選びのポイントとなるでしょう。

審査の結果はメールまたは電話で通知されます。
店頭や無人契約機で申し込みをした場合は、その場で結果が出る場合もあります。

審査の結果、合格となれば契約をしてカードの発行という流れになります。

申し込みの際に本人確認できるものの提出の支持がなかった場合は、契約時に必要書類と一緒に提出してください。
カードを受け取れば、ATMからの引き出しや指定の口座に振り込むといった方法でお金の借り入れをすることができます。

カードローンの審査内容

カードローンやキャッシングでお金を借りる場合には、必ず審査が行われます。

この審査で最も重要視しているのは、審査を受けたお金を借りたいと思っている人がお金を借りた後、
期限までに滞納することなくお金を返済する能力があるかどうかです。

ですから、キャッシングの申し込み時に勤務している会社や役職、
年収や勤続年数など細かなことを記入、または入力する必要があるのです。

例えば、正社員とパートとを比較すれば、当然正社員の方が安定した収入を得ることができますし、
収入も基本的にパートの人よりは多いでしょう。

銀行側は正社員の方がパートやアルバイトよりも高い評価をします。

さらに、会社が誰もが知っているような有名企業であれば倒産する心配がないので、
安定した収入得ることができるため、きちんと返済してもらえるだろうと銀行側は判断するのです。

カードローンの審査に落ちる原因

審査ですから合格することもあれば、もちろん落ちることもあります。

しかし、キャッシングやカードローンなどの審査に落ちる人にはいくつかの共通点があります。

借り入れをする前には、自分がそのこと例に当てはまっていないかをチェックすると、
審査に落ちる可能性がかなり下がるでしょう。

まず、他の会社からの借り入れをした際に、返済が遅れたりした経験が過去にある場合は審査に合格するのが厳しくなります。

お金を貸す側からすれば、また同じことを繰り返すかもしれないという大きなリスクがあるからです。

ちなみに、金融会社は信用情報という共通の個人情報を共有しているため、
滞納や遅延などは全ての金融会社に知らされることになっています。

銀行のカードローンの場合、3か月以上滞納や遅延をしている場合はほぼ審査に通らなくなります。

これは、カードローンやキャッシングだけではなく、クレジットの支払いも対象となり、
複数回クレジットでの返済を遅延していると審査に悪影響を及ぼします。

また、すでに複数の金融会社にローンの申し込みをしている場合も、審査に落ちる可能性が高くなります。

複数の金融会社にローンの申し込みをしているということは、多数の借金を抱えるということになります、
そんな状態でさらにお金を貸すと、滞納や遅延をされる可能性が高くなるため、審査に合格するのが難しくなります。

具体的には1か月に3社以上で借り入れを申請していると、審査に通ることは難しくなるでしょう。

最後に、自己破産など法的に借金を処理した経験がある場合も審査の合格が難しくなります。

永久にローンの借り入れができないというわけではありませんが、
法的な処置をしてから10年ほどはカードローンやキャッシングの利用はあきらめた方が良いでしょう。

返済を滞納するとどうなるの?

キャッシングやカードローンなどで借りたお金を滞納すると、
まず借り入れをした金融会社から返済できていないといった内容の通知が来ます

借り入れをした金融機関によっては、契約時に記入した電話番号宛てに電話がかかってくることもあります。

初めての遅延であれば、それほどしつこく催促するようなことは無いですし、
この時点で返済をできていれば特にペナルティはありません。

この後、滞納が続くと督促状が届くようになります。

督促状は自宅に届くので、金融会社にお金を借りていることを知られたくない人は、
督促状が届くまでに必ずお金を支払うようにしましょう。

さらに遅延が続くと、金融会社側から期限までに借りていたお金を一括で返済するように指示する手紙が届きます。
この手紙を無視すると、強制的に財産の差し押さえとなります。

差し押さえは一般的には給料の差し押さえから始まり、
それでも不足している時は車や家など保有している財産を差し押さえられることになります。

差し押さえは法的に則った方法で行われるので、一切逆らうことはできません。

カードローンを利用する際の注意点

まず、なんといっても悪質なヤミ金会社からは決してお金を借りないように注意しましょう。

ヤミ金会社は広告などで甘い言葉を使って勧誘してきますが、借入すると異常な利息を課せられますし、
返済が滞ると暴力的な手段で財産を差し押さえてきます。

不安な人はテレビでコマーシャルをしているような大手の会社から借りるようにしてください。

また、借り入れの際の金利ですが、たいていは最高の金利が適用されます。

ですから、借入する金融会社を比較検討する際は最高金利を比較して、
できるだけ金利の低い金融会社を選択すると良いでしょう。

数ある銀行カードローンの中でも、口コミによる評価が高い会社をピックアップしました。

  1. 三菱UFJ銀行

    口座開設不要でATM手数料無料、最短翌営業日に借入可、パート・アルバイトでも申し込みOK

  2. 福岡銀行カードローン

    パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者でもOK、口座開設を推奨、最大手の地方銀行